花より団子「うぱカフェ」を開催しました(2022/04/02)

アトリエの冬季休暇が終わりを告げ、今年もお花見の季節がやって参りました。2022年4月2日(土)、宮城県丸森町筆甫(ひっぽ)地区にある【つながるアトリエ「いと」】にて、お花見会が催されました。
今年度始まって初のイベントです。午後からのんびり始まり、総勢15名集まりました。いつもお立ち寄りいただき、有難うございます。

晴れて大はしゃぎのみーさん。いちばん花が咲いているお洋服。

当日は天候にも恵まれました。
前日まで雨が降ったり、曇り空が広がったり、落ち着かない天気でしたが…この日はなんと快晴!
うららかな春の日差しにアトリエのお花達も少しずつ顔を覗かせています。

アトリエもすっかり春の陽気です☀️

この日のお茶会はとっても変わっておりまして、筆甫の吟遊詩人達の即興ライブが行われました。まるもりんくの2人も巻き込まれ(笑)、森山直太朗さんの「さくら」を歌いました。

真ん中と右側は筆甫(ひっぽ)地区の音楽隊のみなさん(笑)見切れてるけどうぱさんも歌ってたよ!

いつものうぱカフェも、お花見仕様で少し違っています。
コーヒー豆は同県にある角田市の「マルケイコーヒー」さんから仕入れた「桜ブレンド」。
ぐっと深みがありつつも、しっかりコーヒーの香りが立ち、桜を連想させるコーヒーでした。

うぱさん曰く、こんな風に「もこもこ」になるコーヒー豆は挽きたての証拠なんですって!


また、本日勝手に「ひっぽコーヒー部」をみーさんが立ち上げ、勝手に部員に選ばれたまるもりホステルの中村くんが、自家焙煎したコーヒーを持ち寄ってくれました。こちらも香りが高く、途中からみんなで試飲会になっていました。

たくさんの人がくるのも楽しいけど、みんなでゆっくりしてくのもうぱカフェの醍醐味。

お茶会の脇では、いつものワークショップ。こちらもお花見会仕様です。
丸森町の地域おこし協力隊を3月で卒業された書道家の沖澤鈴夏(おきざわすずか)さんと一緒に、書に触れるワークショップを行いました。テーマはなく、各自フリーに書いてみたら…最後はなんとアート作品に!

アトリエが空き家になる前に住んでた「茶屋」のおばーちゃんも、書がとても上手な方だったようです。


沖澤さんの海のように広い心の深さと、参加された皆さんの発想の自由さがコラボすると、こんな素敵になるんだなーと刺激になりました。

次回のうぱカフェは6月開催予定です。
梅雨のぱっとしない時期をお茶会でゆるく乗り切りましょう〜。

イベント情報や、まるもりんくの最新情報はLINE公式アカウントにて配信をしております。
ご興味のある方はぜひ、登録をお願いします!

友だち追加

6月もお楽しみに!今年度も素敵なご縁がつながる「アトリエ」でありますように。お待ちしております。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる